アクセス解析 カウンター SEO
アクセス解析 アクセス解析データ カウンター例 カウンター

精力アップに効く運動とは

マッチョは精力絶倫?

いつも筋トレしている体育会系のマッチョ達、
いかにも精力ありそうな感じがしますね。

本当に精力が強いのでしょうか?

結論から言いますと、事実です。

精力が強い=男性ホルモンが多い
ということです。
男性ホルモンは、その名の通り、男性らしさを作ります。
筋力や精力が強い人ほど男性ホルモンが多いのです。

逆も真なりで、
まず、筋トレをすると一時的に男性ホルモンが消費されます。
すると脳から精巣や副腎に対して男性ホルモンの増産が指示されます。
そして、男性ホルモンが増えます。
このとき、精巣や副腎が活発に働きます。
これが精力、性欲の元になります。

ですから、精力増強を目指すのであれば、
ジョキングなどで血流を良くするのも一手ですが、
バーベルなどを使い、じっくり筋トレするのも有効なのです。

2013-05-04 15:39 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男性機能を強化する運動

適度な運動をしている方より、運動不足の方の方が、
男性機能の低下が著しい、といった調査結果があります。

運動不足により、血流が悪く副交感神経の働きが弱っている
ということです。

ですから、
まず運動不足を解消しましょう。
10分のジョギングから始めるのもよいでしょう。

ジョギンングのあとのオススメは、
下半身の筋肉強化です。
具体的にはスクワットです。
TVで見るプロレスラーのようにテンポよく
やってはいけません。
なるべくゆっくり、1回、2〜3秒程度。
これを毎日、10回〜20回行います。
スクワットだけでも1カ月程度継続すれば、
血流が改善し、しかも男性機能に嬉しいお知らせが届くでしょう。

余談ですが、
副交感神経の働きについては、
悩みや仕事が忙しいなどが交換神経を緊張させ、
副交感神経の働きを妨げてしまう要因となっています。
休みの日には、趣味など自分をリラックスさせるように
したいものです。

例えば、初めてセックスしたときや、
ここ一番と気合を入れ過ぎた時、
セックスの最中に仕事の事を考えてしまったときなど、
情緒的なことよりロジカルなことを考えると、
交感神経が活発になり、男性機能に信号を出す
副交感神経の働きを妨げます。
結果、勃起不全や中折れといった現象に繋がります。

キチンと休みを取り、適度に運動しましょう。
精力だけでなく体全体の体調が良くなり、
気分もよくなり、仕事の効率もアップします。



2013-05-03 17:26 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中折れ防止のための運動!!

「中折れ」とは、性交渉中にペニスの元気が無くなってしまう現象です。

ペニスの勃起は、ご存知の通り、
ペニスの中の海綿体と呼ばれる
部分へ血液が大量に流れ込む
ことで、ペニスが大きく硬くなります。

そして流れ込んだ血液をペニスの中へ
キープする必要があります。
それが、流れ出てしまうと、
悲しいかな中折れになってしまいます。

これは、ペニスの根元にある筋肉が
弱ってきている証拠です。
詳しくは、坐骨海綿体筋、球海綿体筋、
外肛門括約筋などの筋肉を鍛えると良いのです。

この筋肉を鍛える方法、
それはスクワットです。

コツがあります。
ゆっくりと膝に無理がない程度
にしゃがみます。
そこで、一旦止めます。
そして、肛門に意識を集中して、
グイッと力を入れてすぼめます。
そのまま数秒間止めたままにします。
そして立ち上がります。
これを1日数回行います。

このトレーニングはボディビルダー
と同じです。
継続は力なり!!
お試しあれ!!


2013-03-13 17:17 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 精力アップに効く運動とは All Rights Reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。